Frays | Belle BLOG
OFFICIAL BLOG

☆カタチのない宝物☆

2010年 9月 10日

夏休み最後の今日、の~んびりしています。

ふとこんな日が過ごせるのは、お客様やスタッフ、まわりの人のおかげだな〜と   しみじみ幸せを感じました。当たり前な事は、ないんですよね。感謝しています。

こんな事を急に書いたのは、次の詩(宝物)と出会ったから…

*********************************

<神様不平を言う私をお許し下さい> 作者不詳

今日、バスで金髪のきれいな少女に出会いました。私はうらやましかった———

少女はとても明るく見えました。そして『私も金髪で色白だったらいいのに』と思いました。

バスから降りようとして少女が席を立ちました、見れば、足を引きずりながら通路を歩いています。片方の足がなく、松葉杖を一本ついています。

それなのに少女は通り過ぎる時———あの笑顔!

ああ、神様、不平を言う私をお許し下さい、

私には足が二本そろっています。世界は私のものです!

私は店に寄ってお菓子を買いました。応対したのは感じのいい青年でした。

彼とおしゃべりをしましたが、とてもうれしそうなので、もし遅刻する事になってもかまわないと思いました。店を出るとき、青年が言いました。

「親切にしてくださって、ありがとうございます。あなたのような人とお話ができて良かったです。ほら、ぼくは目が見えないんです」

ああ、神様、不平を言う私をお許し下さい、私には両眼がそろっています。世界は私のものです。

その後街を歩いていると、青い目の子供に出会いました。少年は他の子供たちが遊んでいるのを、ポツンと立って見ています。

どうしたらいいのか、わからないのです。私はちょっと立ち止まって声をかけました。

「坊や、どうして一緒に遊ばないの?」

少年は黙って前方を見ています、そこで耳が聞こえない事がわかりました。

ああ、神様、不平を言う私をお許し下さい。私には両耳がそろっています。世界は私のものです。

行きたいところへ連れて行ってくれる足があり、夕焼けを眺める目があり、知りたい事を聞く耳がある———

ああ、神様、不平を言う私をお許し下さい。私は本当に恵まれています。世界は私のものです。

***************************************

(オグ・マンディーノ著 人生を語る より)

ココまで読んでくれてありがとうございます。

皆さんに素晴らしい事が、雪崩のごとく起きますように。

今日も太陽を見る事ができました。

LUZ

蒲生にある美容室LUZのブログです。いつもLUZのブログをご覧いただきありがとうございます!お店からの最新情報を更新しています☆

サロン情報を見る

Calendar

    2024年6月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930